定年まで看護師を続ける難しさ。体力的、精神的に辛い仕事ですからね。せっかく看護師免許をもっているなら定年まで続けたいですよね!

先日、同じ職場のナースが定年退職しました(*^_^*)

 

定年まで夜勤も続け、毎日パワフルに働いてくださった大先輩の退職は、本当に涙なみだのお別れでした。

 

毎年、数多くのナースが退職していく中、定年退職のナースってあまり記憶にありません。

 

どちらかというと、途中退職、転職といったナースがほとんどですね(;´Д`A

 

これだけ沢山のナースが働いていますが、定年まで勤めるナースって意外と少ないんですよね。

 

やはり看護師の仕事って定年まで働くのはキツイですよね(;´Д`A

 

とくに、病院の病棟勤務など夜勤のある職場は、定年まで続けるのは難しいですよね。

 

私も20代の頃は、どんなに不規則な生活でも、夜勤などたいして負担に思った事はありません。

 

しかし、30代半ばも過ぎると、この不規則な生活がかなり体に負担になっていると感じます( ;´Д`)

 

また、看護師の仕事は体力的にもハードですよね。

 

まずほとんど座る暇もなく、一日中歩きっぱなしです。

 

オムツ交換や入浴介助、体位交換などは、かなり力仕事で、体への負担も大きいですね。

 

腰痛や肩の痛みで苦しく、自分の日常生活に支障をきたすことも度々あります(T ^ T)

 

また、病院では薬の投与や点滴の滴下数など、一歩間違えると患者さんを死に至らしめてしまうようなミスにつながりかねない事が沢山あります。

 

医療ミスをおかし、万が一患者さんが亡くなってしまった場合など考えると、看護師の仕事はとても責任の重い仕事だと思います。

 

そんな肉体的にも、精神的にもハードな仕事を何十年間も、定年を迎えるまで続けることは、やはり相当の体力と精神力を要するなぁって思いますね(;´Д`A

 

また、妊娠や出産などで一度退職してしまうと、ブランクを取り戻すのが厳しく、なかなか復職出来ない看護師もいますよね(´・Д・)」

 

一度離職し年月が経つと、なかなか復職出来ずに、全く違った職種につくナースも多くいます。

 

しかし、せっかく取得した看護師資格ですから、出来ることなら定年まで看護師として働き続けたいですよねd(^_^o)